カテゴリー別アーカイブ: 年収1000万円台

世帯年収1000万円で5200万円の新築一戸建てを購入(埼玉県 もんがさん)

埼玉県 もんがさん

年齢・家族構成:夫:37歳 妻:39歳 長女:14歳 長男:10歳
世帯年収:夫:800万 妻:200万(パート) 夫は今後昇給あり 妻は3年後職場復帰予定(推定年収350万)

物件価格 5200万円 新築・一戸建て
頭金 0円
住宅ローン借入額 5200万円

金利タイプ フラット35 HM提携(固定 10年1.3% 10年~1.6% 団信込)
借入額 5200万円
借入期間 35年
毎月返済額 ~10年:12.7万 10年~:13.2万
ボーナス時加算額 18万円
管理費・修繕積立金 0円(月5000円は自己貯蓄予定)

一言

低金利の波にのって年齢的にも最後のチャンスかと思い、新築一戸建てを春に引き渡し予定です。

現在の団地(中古分譲)は管理費・修繕費込で9万ほどで、月々がUPする事と教育費が気になっています。
今まで大分無駄遣いが多かった為、家計を見直して現在引き締めしています。

将来ですが、私はまだ昇給が見込める事と、妻が3年後に正社員復帰(医療系専門職)する予定です。
住宅ローン控除の期間中に貯金をし、10年後以降毎年繰り上げ返済をして60歳までに完済したいと考えています。

アドバイス

もんがさん、投稿ありがとうございます。

まずは現在の賃貸住宅でかかっている家賃と、購入後の住居費を比較してみると、月額4万円ほどのアップとなります。
これはなかなか厳しくて、負担感が大きいかもしれませんね。

ただし、現在は団地ということもあって、一家四人家族のわりに住居費が抑えられているというのもあります。
収入から考えると返済は問題ないので、あとはいかに無駄遣いをやめて、家計を健全化していくかです。

ちょうどお子様の年齢的にも教育費がかかり始めるので、住宅ローンとのダブルパンチですが、家も買ったことですし、無駄遣いを減らしてくださいね。

今後は昇給が見込めることと、奥様の正社員復帰があるのは心強いです。
当面は住宅ローン減税もありますし、その間になるべく貯金ができるように生活を見直せば問題ないでしょう。

フラット35ですから、金利上昇も怖くありませんね。

みなさんもコメント欄でアドバイスお願いします。
また、投稿もよろしくお願いします


世帯年収1250万円で7000万円の新築マンションを購入検討(東京都 さいとうさん)

東京都世田谷区 さいとうさん

年齢・家族構成:31歳 夫婦共働き
世帯年収:1,250万円

物件価格 7,000万円 新築・マンション
頭金 1,000万円
住宅ローン借入額 6,000万円

金利タイプ 変動 0.57%
借入額 6000万円
借入期間 35年
毎月返済額 15.5万円
ボーナス時加算額 0円
管理費・修繕積立金 13,500円

一言

現在共働きで、犬がおります。将来にわたり、子供を作る予定はありません

年収1,250万円は額面です(夫850万円、妻400万円)

現在諸経費込みで7,000万円のマンションの購入の検討段階です。

現金・株含め総資産は3,000万円ほどですが、ローン金利が低いこともあり、頭金は1,000万円ほどで、他は運用及びいざというときの蓄えとして現金で持っておこうと考えています。
また、現在保険は加入していません。

以上の状況で、7,000万円の物件は高すぎるでしょうか。
アドバイスどうかよろしくお願い致します。

アドバイス

さいとうさん、投稿ありがとうございます。

結論から言うと、現在の状況だと高すぎることはありません。

理由としては以下となります。

    • 教育費の不安がない

お子様を作る予定がないため、将来のライフプランが立てやすいですね。特に都内であると教育費はどうしても高くなりがちです。奥様のキャリアも途絶えないので、収入減の不安も小さくなります。

    • 低金利の恩恵を受けられる

現在は史上空前の低金利が続いています。住宅ローン金利も低いので、たとえば10年前と比べても相当有利です。フラット35が3%もしていたのですから。

変動金利も実効金利が1.5%程度でしたので、そうすると返済額は18.3万円です。3万円近く増えてしまうことになります。やはり現在の低金利の恩恵を受けられることは大きいです。

    • 金融リテラシーが高い。

31歳という年齢ですでに金融資産が3000万円あること。保険に加入していないこと。頭金も1000万円しか入れないことから、相当お金や運用、家計管理などに詳しいのだと思います。

この調子で生活していけば、住宅ローンの返済も怖くありませんね。

一点、不安があるとすれば、マンションの割に管理費・修繕積立金が安いことです。将来、追加で修繕積立金がかかるかもしれないので気をつけたほうがいいかもしれません。

みなさんもコメント欄でアドバイスお願いします。
また、投稿もよろしくお願いします


世帯年収1600万円で5600万円の新築一戸建てを購入(神奈川県 らららさん)

神奈川県 らららさん

年齢・家族構成:夫33歳、妻32歳、子供0歳
世帯年収:1600万円(夫750万円、妻850万円)

物件価格 5600万円 新築・一戸建て
頭金 0円
住宅ローン借入額 5600万円

金利タイプ 変動 0.57%
借入額 5600万円
借入期間 35年
毎月返済額 約148,000円
ボーナス時加算額 0円
管理費・修繕積立金 0円

一言

すでに購入済みです。現在は共働きで問題なく返済できていますが、将来夫婦のどちらかが働けなくなった時が少し心配です。

また、保育料がかなり高額なのと、両方とも実家からの協力や援助は一切期待できない為、ベビーシッターなどをフル活用する必要があるので、一般的な子育て家庭と比べてやむを得ない支出がかなり多いと思います。そんな中でも、年間300万円以上の貯金を目標に節約に励んでいます。

住宅ローン減税のある10年間でしっかり貯金をして、10年後の金利次第では繰り上げ返済をしたいと考えています。アドバイスなどいただけると幸いです。

アドバイス

らららさん、投稿ありがとうございます。

通常、お二人の収入だと返済に不安はないでしょうが、高収入がゆえに保育料も高く、お休みも取りにくいのでしょうか。ベビーシッターも活用して子育てしているのはとても立派ですね。

第二子が誕生したり、どちらかが転勤になったり、一馬力となった際は確かに不安です。300万円を目標に貯金しているのは、将来の不安をなくす意味でも重要ですね。

10年間予定通りしっかり貯金をすれば、3000万円となります。そこまで貯まっていれば、繰上げ返済してもしなくても怖くありませんので、金利で決めればいいでしょう。

どちらかが働けなくなった時のことは、今から心配しても仕方がありませんので、できる範囲のことをやっていくしかありませんね。無駄遣いをせず、しっかりと貯金しておくのが今の最善策ですね。

みなさんもコメント欄でアドバイスお願いします。
また、投稿もよろしくお願いします