投稿者「minnanoloan」のアーカイブ

2018年の住宅ローン返済記録

返済7年目の住宅ローン状況です。

マンションの子供たちも小学生が多くなってきました。月日が流れるのは早いものです。

築年数も経過してきたことで、部屋の痛みや汚れも気になるようになりました。毎日暮らしていると気になりませんが、中古物件として売るときを考えると、物権を見に来た人がどう思うか気になるところです。

致命的なことに強アルカリ洗剤で換気ダクトを掃除してしまい、アルミかステンレスが変色してしまいました。やってしまった・・・。素人がやらずにハウスクリーニングを頼んだ方かもしれません。

参考2016年の住宅ローン返済記録

参考2017年の住宅ローン返済記録

 

2019年の金利動向

2018年は10月ごろに長期金利の上昇が見られましたが、12月に長期金利が下がったので2019年は幸先の良い低金利スタートとなりました。特にフラット35は団信込みとなってから最低金利になっています。

昨年の金利と比較してみると、

変動金利  0.525% ⇒ 0.475%
10年固定  0.70%  ⇒ 0.65%
フラット35 1.36%  ⇒ 1.33%(団信加入・9割以下)

2018年11月にはフラット35は1.45%でしたので、たった2ヶ月違いで0.12%も違います。年度末の3月に向けて物件引渡しも多いでしょうからチャンスですね。

 

2018年末のローン残高


変動金利:2,486万円
10年固定: 780万円
合 計 :3,266万円

繰上返済をしていないので、一定のペースで借入残高が減少しています。

まったくオトクではない10年固定が2022年までとなっています。住宅ローン控除が終了したら一気に繰上返済をして、月額の返済を減らしたいところですが、貯金ができていません。それまでに700万円を貯金できるかどうか・・・。金融資産が1000万円を超えていれば、考えてみます。

やはり着実に貯金ができるように節約や家計管理を行っていくことが大切ですね。気を引き締めてがんばります。

引き続き皆様の住宅ローンがどうなっているか知りたいので、投稿よろしくお願いします


年収650万円で3800万円の新築一戸建てを購入(神奈川県 めめめのめいさん)

神奈川県 めめめのめいさん

年齢・家族構成:主人36才、妻37才、子供6才
世帯年収:650万

物件価格 3800万円 新築・一戸建て
頭金 140万円
住宅ローン借入額 3900万

金利タイプ 変動金利0.5%
借入額 3900万円
借入期間 35年
毎月返済額 10万4000円くらい
ボーナス時加算額 なし
管理費・修繕積立金 0円

一言

分譲マンションを売却し、戸建てを購入予定です。
子供の学区内で物件を見つけ駅からも近いこともあり購入をしようと思い、手付金を払ってる段階です。
車は所有してなく、今後は欲しい気持ちはあるが住宅ローン次第では諦めも必要な気がしています。
子供は増える予定はありません。
主人の年収は微々たる額だけど増えています。

親からの援助は期待できません。
子供がもう少し大きくなり次第私はパートに出る予定でいます。

借りる額が大きく年収の6倍なこと、購入が予定よりも早めてしまった事など少し不安な要素があります。

アドバイス

めめめのめいさん、投稿ありがとうございます。

学区内かつ駅近の物件が見つかり、良かったですね。

一戸建てだと駐車場代がかかりませんので車を所有するにはありがたいですが、予算に不安があったり、なくても大丈夫な地域でしたら、しばらく新居での生活に慣れるまで様子見がいいでしょう。

借入額は年収の6倍となりますが、現在の住居費(住宅ローン+管理費+修繕積立金など)と比較して大きく増えていないなら問題ないでしょう。

しばらくは修繕のことを気にする必要もありませんし、住宅ローン控除もあります。そのうちにパートに出られるようになれば、返済もゆとりが出てくるでしょう。繰上返済を考えるとすれば、ここからですね。

教育費の問題はありますが、ある程度制限をつけたところで考えていれば十分にやっていけると思います。

まずは教育費があまりかからない時期のうちに生活に慣れて、家計管理を行ってくださいね。

みなさんもコメント欄でアドバイスお願いします。
また、投稿もよろしくお願いします


世帯年収830万円で4480万円の新築一戸建てを購入(神奈川県 やむちゃさん)

神奈川県 やむちゃさん

年齢・家族構成:夫24歳 妻29歳 子供2人
世帯年収:夫 450 妻 380万円

物件価格 4480万円 新築・一戸建て
頭金 500万円
住宅ローン借入額 4200万

金利タイプ 固定金利
借入額 4200万円
借入期間 35年
毎月返済額 13万円
ボーナス時加算額 0円
管理費・修繕積立金 0円

一言

現在の家賃は駐車場込みで12万円。

妻の収入の上がり幅は未定ですが、夫は大手企業なので、少々きついかと思いながらも退職までに完済できるので購入に踏み切りました。

将来の金利上昇に不安を感じたので、ローンは固定金利です。

住宅ローン控除のあるうちに積極的に貯金をして、教育資金、修繕費をまかなえるようにする予定です。

アドバイス

やむちゃさん、投稿ありがとうございます。

まず現在の家賃と比較しても、住宅ローンの毎月返済額が1万円しか変わらないため、あまり心配することはありませんね。

固定金利を選択したのも不安がなくなる材料です。東京オリンピック後、今度は大阪万博後というキーワードも出てきましたが、金利上昇がどうなるかわかりませんので、リスクを避けるには良い選択だと思います。

現在はまだお子様も教育費のかかる年齢ではないでしょうし、今のうちに住宅ローン控除も活用して貯金しておけば安心ですね。

年齢がまだ若いので繰上返済の必要がなく、固定金利ということもあって、将来計画は立てやすいと思います。住居費にかかる費用は修繕費を除きほぼ固定化されましたので、後は普段の家計管理をがんばれば良い状況です。

今後昇給も期待できると思いますので、その分を教育費や老後費に回していけば良いかと思いますよ。

みなさんもコメント欄でアドバイスお願いします。
また、投稿もよろしくお願いします