月別アーカイブ: 2017年11月

世帯年収710万円で4850万円の新築一戸建てを購入(茨城県 手造好き太郎さん)

茨城県 手造好き太郎さん

年齢・家族構成:夫:31歳 妻:31歳 子供:1歳 1人予定
世帯年収:夫(会社員):710万円 妻:専業主婦(5~6年後に60万円)

物件価格 4850万円 新築・一戸建て
頭金 500万円
住宅ローン借入額 4350万円

金利タイプ 固定 フラット35s 当初1.14% 11年~1.46% まだ確定していません
借入額 4350万円
借入期間 35年
毎月返済額 14万円ほど
ボーナス時加算額 なし
管理費・修繕積立金 2万円

一言

可処分所得で考えると返済比率が30%程になり苦しく、年収の5倍などの基準から考えると借り過ぎが否めません。
学費がかかる頃に収入も頭打ちになると思われ、老後貧乏が心配です。金利確定まで低金利であることを祈るばかりです。

子供はもう一人欲しいですが、一人のままで教育費にあてるか、全部公立で我慢してもらうか悩みどころです。

地域柄車が必要で、2台所有しております。
現在の家賃が7万円 #補助があって4万円。
家のために毎月10万円弱貯金を貯金してきましたが、居住費が今より負担になります。
# 致し方有りませんが。

皆様のアドバイスをいただけると有難いです。

アドバイス

手造好き太郎さん、投稿ありがとうございます。

現在の家賃が補助を入れて4万円ですんでいたのが、購入後は約16万円となると住居費にかかるお金は相当増えますね。毎月10万円できていた貯金も難しくなるかもしれません。

単純に計算すると貯金ができなくなりますが、年齢的にもまだしばらくは昇給があると思いますので、我慢しつつ奥様が働けるようになるのを待つことでしょうか。

不安要素には他にも増税ラッシュがあります。専業主婦や年収が800万層は現在の自民党や財務省からは完全に狙い撃ちをされるところなので、油断はできませんね。

ご自身にも自覚があるとおり、返済が苦しいのは覚悟が必要です。フラット35ですので、返済金額が固定されるのは良いですね。返済額は変わらず、後は手取りの収入に応じてどうして行くかを考えればいいので、計画が立て安くなります。

車は必須な場所でしょうから、削減するのは難しいでしょうし、すでに1台は軽自動車にするなど手は打っていると思います。いざというときには1台はやめることが必要かもしれませんし、他にも固定費で削れるものがないか探しておいた方がいいかもしれません。

聖域は作らず、教育費もその削減対象とすべきです。逆に大逆転で、幼児教育の無償化などで楽になる部分もあるかもしれませんが・・・。

老後貧乏とならないためにも、がんばっていきましょう。

みなさんもコメント欄でアドバイスお願いします。
また、投稿もよろしくお願いします


住宅ローンで金融機関選びに迷ったら

家を買うときは住宅ローンの返済をどうしようかと必死に考えました。

頭金はいくらにするか、変動にしようか固定にしようか、ボーナス払いはどうしよう・・・等々と考えた割には金融機関については深く考えませんでした。

仕方ないですよね。家を買うということで舞い上がっていたのでそこまで気が回りません。
どちらかというと家具のことやレイアウトなどに意識がいってしまいますよね・・・。

提携ローンがあると、マンション販売会社に出された中から何となく選んでしまった感じです。
一応大手の銀行は一通りあったし、金利優遇があるので実質金利もほぼ横並びでした。その中から単に一番安そうなところを選んだだけです。

でも、住宅ローンに興味を持っていろいろと調べていくうちに、安易に決めなきゃよかったなと思っています。

 

提携ローンは手間を考えると悪くない

まず一つ思うのが、提携ローンは悪くないということです。

手続きが楽ですし、引渡しが早い、金利の優遇もある。そして、何よりローン特約があることです。

ローン特約はローン審査に落ちてしまったとき、違約金なしで解約できることです。
自分は信用力(クレジットスコア)が高いから大丈夫と思っていても、何があるかわかりません。

もし物件の引渡し前に転勤になってしまったらどうなるのでしょうか?
本人が居住していないと審査は通らないので、契約は取り消しとなります。そういう時にも安心です。

でも、しっかりと事務手数料のような形で5万円程度取られているんですけどね・・・。
手付金より安いので保険のようなものです。

 

金利の安さを考えるとネット銀行がおすすめ

特に悪くない提携ローンですが、それでも金利などを考えた場合、もっと有利な住宅ローンがあることが多いです。

例えば、フラット35は提携ローンであるような大手銀行より専門的にやっている会社の方が有利です。また、単純に金利の安さではネット銀行にはかないません。

ネット銀行も競争が激しく、各社特徴があるので厳しくチェックが必要ですね。

例えば三菱UFJ銀行とKDDIが共同で立ち上げたじぶん銀行の場合、親会社の三菱UFJ銀行と比べても圧倒的に低金利なのがわかります。

当初固定10年もすごく安いのですが、当初固定というものを個人的にはあまりオススメしていません。理由は簡単で当初固定期間が終わった後は金利引き下げ幅が大きく下がるからです。

どちらかというと固定されている期間内に借り換え先を探すものでしたが、10年後には今より金利が上がっている可能性が高いですからね。そう考えると、優遇金利がずっと続く変動金利やいっそ全期間固定の方が良いでしょう。

まあ、いずれにせよ私が借りたのはもっと高いので、うらやましい限りです・・・。

 

また、団信(団体信用生命保険)も手厚く、がん50%保障団信が金利上乗せなしの無料でついてきます。
就業不能かどうかは関係なく、ガンと診断されただけで住宅ローン残高の50%が保険金として支払われます。住宅ローンが半額でよくなるということですね。

ネット銀行は店舗がないので、来店の必要がないのもメリットです。
書類の送付や契約書の手書きも不要で、ネットだけで完結できるので忙しい人にもありがたいです。

住宅ローンの金利が高い時代に借入をして、まだ借り換えをしていない人にもチャンスですね。

詳細はこちら(公式サイトへ)⇒じぶん銀行

 

フラット35なら専門金融機関がおすすめ

これからの時代、金利上昇が恐い。金利上昇しても繰上返済できる蓄えもないので、安定して返済していきたいという方には、住宅金融支援機構のフラット35がオススメです。

ずっと固定金利ですので、返済について安心できるというメリットがあります。

最近は低金利なので、今のうちに固定金利にしてしまおうとフラット35が人気です。
特に最近の住宅はフラット35Sに対応していることが多いので、一定期間とはいえより低金利で借りることができます。

基本的にフラット35は金利はほぼ横並びで要は事務手数料や保証料の差が違いになります。
たいていの銀行は融資額x2.16%で横並びです。

でも、中にはがんばっていて事務手数料を下げている金融機関もあります。要はそこがお得な金融機関を選べばいいわけですが、これも大手銀行より専門の会社の方が有利となっています。

実際、8年連続フラット35のシェアNo.1なのが、ARUHIです。

特に頭金が20%用意できる場合は、ARUHIのスーパーフラット8が圧倒的に総支払いが安くなります。

事務手数料こそ2.16%ですが、金利は他社より0.1%低い設定です。総支払額にするとフラット35(フラット35Sも含む)ではもっとも安くなります。

頭金がそんなに用意できず、10%しか無理!という方は、Web申込がお得です。事務手数料が割引となって、1.08%となります。

詳細はこちら(公式サイトへ)⇒ARUHI

 

いかがだったでしょうか?
家探しと並んで、選ぶのが大変な住宅ローンのヒントになると幸いです。

管理人の自分のローンも借り換えできない2年はとっくに過ぎたので、いいかげん検討が必要ですね・・・。


世帯年収880万円で4700万円の新築マンションを購入検討中(横浜市 ギータさん)

横浜市 ギータさん

年齢・家族構成:夫29歳 妻32歳 子なし
世帯年収:880万

物件価格 4700万円 新築・マンション
頭金 0万円
住宅ローン借入額 4700万円

金利タイプ 楽天銀行 0.707%(ペアローン)
借入額 4700万円
借入期間 35年
毎月返済額 12.5万円
ボーナス時加算額 0円
管理費・修繕積立金 1.5万円

一言

物件は気に入っていますが、値段が高額なので、今購入するか、オリンピック後の物件価格が落ち着くと予想される?数年後に買うか、はたまた中古で価格を抑えるか迷っています。

いずれにしても将来持ち家は欲しいです。
住宅手当などは出ていません。

頭金は住宅ローン控除を活かすために入れない方向で考えております。

手元には親の支援含め、800万程度ある見込みです。現在の家賃は10万程度で、月に10ー15万程度貯金出来ています。

車ありですが、当分固定費削減のため実家に置いておく予定です。

子供が2人欲しいと思っております。

ご意見よろしくお願いします。

アドバイス

ギータさん、投稿ありがとうございます。

今買うか、オリンピック後に買うか、すぐにでも引っ越したいわけでない場合、誰もが悩む問題です。

現在は明らかに資材や人件費の高騰で価格が上昇しています。一昔前の価格を知っていると、えっ?と驚くこともありますね。

では、オリンピック後にはどうなるのでしょうか?

よく言われるのは人口減少による空き家問題、消費税増税による景気の冷え込み、オリンピック関係工事が終了することによる建設作業員の需給改善でしょうか。

逆にリスクとなるのは、金利が上昇している可能性、消費税増税による税額の上昇、買い控えていた人が一斉に物件を探し出す可能性などでしょうか。

相続税対策などで過剰に建設されているアパートなどもあるので、賃貸物件は安くなる可能性が高いですが、マンションや一軒家がどうなるかは正直予想が難しいですね。

また、待つとなると少なくとも3年間は賃貸となります。家賃にすると360万円ですが、その分は購入を決めているなら無駄になるかもしれません。

もっとも大きなリスクは、気に入った物件に出会えないかもしれないということです。結局、買おうと思っていた物件を中古で買うなんてことにならないとも限りませんね。

こればかりは損得ではなく、自分が必要かどうか、気に入った物件かどうかが優先されるべきでしょうね。

 

さて、もし現在検討中のマンションを購入した場合、住居費は4万円程度上昇します。ただし、毎月10万円~15万円貯金で来ているのなら問題ないでしょう。手元にもしっかり資金が残りますので、不安はありません。

ありがちな話ですが、お子様ができたときに奥様が仕事を続けるかどうかですね。続けるのでしたら、これも不安はありません。辞める予定の時のみ真剣に計算した方がいいですね。

どうするかは今後のライフプランしだいでもありますので、よく検討してみてくださいね!

みなさんもコメント欄でアドバイスお願いします。
また、投稿もよろしくお願いします